特定技能1号のポイン

特定技能1号とは

特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事 する外国人向けの在留資格

特在留期間 1年,6か月又は4か月ごとの更新,通算で上限5年まで

技能水準 試験等で確認(技能実習2号を修了した外国人は試験免除)

日本語能力水準 生活や業務に必要な日本語能力を試験等で確認
          (技能実習2号を修了した外国人は試験免除)

家族帯同 基本的にみとめない
           受入れ機関または登録支援機関による支援対象

対象職種

特定技能は、受入れ可能な職種に制限があります。
現在、受入れが可能な産業分野は下図の14分野です。

当社は

に力をいれております。

就労が認められる在留資格の技能水準

特定技能1号
「特定技能」には1号と2号がありますが、「特定技能1号」については 通算5年まで労働者
として在留が可能になる制度です。

技能水準(分野別に設定されている試験で評価)と日本語能力(JLPT日本語能力試験等で評価)
を 証明することが一番の条件となりますが、 業務区分が同一の「技能実習2号」を良好に修了
した者については試験が免除されます。

「特定技能1号」の主な条件
在留期間:通算5年まで。1年/6か月/4か月毎の更新が必要
技能水準:試験等で確認
日本語能力:生活や業務に必要な日本語能力を試験等で確認
家族帯同:基本的に不可
企業の支援:必須(登録支援機関へ支援の委託︓可能

求人から雇用そして帰国までのイベント

在留資格(VISA)申請取次の関係図

特定技能受け入れに必要な手続きを